不眠に悩む人が多くなっていますね。私もその一人でした。


もやは現代病とも言っても過言ではない不眠の悩み。その原因はどのようなものでしょうか?

眠れない原因

不規則な生活やパソコン・スマートフォンによるブルーライトの影響、悩み事やストレスなど、様々なものが考えられます。


高齢になればトイレに行くために何度も目覚めてしまうことが原因になっていることもあります。



また不眠と一口に言っても様々な症状があります。寝つきが悪く、その結果として満足な睡眠が取れないというケースもあれば、眠りが浅くて寝た気がしないというケースもあります。
もっと眠っていたいのに目が覚めてしまうという人もいるでしょう。


しかしこれらの多くは体のある機能が正常に働いていないことに起因しているのがほとんどです。

その働きを正常化することで不眠の多くを改善することができるのです。

根本は自律神経の乱れから

私たちの体は特に意識しなくても内蔵や血流などの働きをコントロールしている器官があります。


この器官を自律神経と言います。この自律神経には交感神経と副交感神経の二つがあり、起きている時は交感神経が、寝ている時は副交感神経が活発になるという特徴があります。


夜になると眠くなり、朝が来ると自然と目が覚めるというのはこれら自律神経の働きによるものです。ところが現代社会はストレスが多く、しかもブルーライトの刺激など、交感神経が優位になりやすい社会となっています。


本来ならば副交感神経が活発にならなければならない時間帯でも交感神経が優位に働いているため、睡眠への悪影響が出やすくなっているのです。


これらの働きを正常にするには生活習慣の改善が必要となります。しかしよりダイレクトに副交感神経に働きかける方法があります。
副交感神経に働きかけるサプリメントの摂取です。

サプリメントの重要性

実は副交感神経を活発にするには脳内ホルモンであるセロトニンを分泌させるのが効果的です。
しかしこれは体外から摂取することはできません。但し原料となる栄養素を補うことで生成を促すことができます。


それら原料となる栄養素をサプリメントとして摂ることで効率良く副交感神経に働きかけることができるのです。


また、不眠対策のためのサプリメントの多くは栄養素を複数組み合わせていて、その吸収率を高めたり、相乗効果を狙ったりするように考えられています。


睡眠薬よりも体に優しく、依存性が無い点も魅力的です。副作用の心配もないので、安心して摂取することができます。


症状にもよりますが、不眠に悩んだらまずはサプリメントを試してみてはいかがでしょうか。


睡眠サポートサプリメントで、私はこれを一押しします。
↓   ↓   ↓
潤睡ハーブ

サプリメントを飲んで良かった事



休息に必要な必須アミノ酸やイライラ対策のギャバ、別名眠り草と言われるクワンソウ、冷え症対策の金時しょうがなどがバランスよく配合されていて、私にはとてもよく合いました。


他にも、睡眠薬と併用して飲み続けて薬を止める事が出来た人もいるというので凄いと思いました。


こんな身体に優しいサプリがある事を、知らずに悶々と過ごしていた時間がもったいないと感じるほどです(笑)
私的には、薬に頼らずに済んで良かったと思っています。