40代から50代にさしかかると、身体の不調が気になるという人が多いと思います。

これらの症状は、いわゆる更年期障害によるものの場合が多いです。更年期障害は、ご存知のように女性ホルモンの減少による起こるもので、個人差も激しいですし、人によって表れる症状も違います。

せっせと大豆製品を食べていたものの

これは私の実話なのですが、なんとか症状を緩和させたくて、大豆イソフラボンを含む食べ物を積極的に食べたりしていました。しかし、それでも症状が治まらなくて・・・

女性ホルモンに似た成分が含まれている食べ物で代表的なのは、大豆製品ですよね。そこで私がしていた事というのは、毎日のように冷奴や豆腐入り味噌汁、煮豆などを食卓に並べ、欠かさず食べていたんです。ところが、そんな努力もむなしく様々な症状が現れてきました。

もしかして鬱なのかも?

例えば、物事に対して急にやる気がでなくなったり、お友達とのランチや、飲み会なども面倒になってしまったり、自分は鬱になってしまったんじゃないかと悩むようになったのです。また、イライラしたり、冬なのに顔から汗が出てきてハンカチが手放せなくなる事もありました。顔がほてるので、仕事中もぼんやりしてしまい、叱られる事も。

この年で、自分より年下の上司に怒られたくはないですよね(>_<)はぁ~つらい・・・

大豆イソフラボンが効かない理由

年とともに失われていく女性ホルモンであるエストロゲンは、大豆イソフラボンの成分と似ているというのは、あまりにも有名ですよね。豆腐や大豆、味噌などを食べる事で、失われていく成分を補えると思っていたのですが、それは、100%正解では無い事が分かりました。

なぜなら、最近の研究でイソフラボンは、腸内細菌の働きによりエクオールという成分に変わってこそ、 初めてその力を発揮する事が分かったのです。

2人に1人は体内でエクオールが作れない!?

しかし、日本人の約半数の人が、イソフラボンをエクオールに変える事ができないと言われているんです。このような理由から、いくら大豆製品を多めに食べても大豆イソフラボンの効果が実感できない人がいるという訳ですね。

しかも、日本人の2人に1人って約半分じゃないですか!きちんと調べた訳ではありませんが、おそらく私もイソフラボンが効かないタイプの人だったという事でしょう。う~ん、ショック(>_<)

では、私のような人はどうすれば良いのでしょう?

エクオールが作れないなら直接補うべし

エクオールが作れない体質だったなら、それを直接補う事で、エクオールが作れるタイプの人と同等になります。すなわち、エクオールを直接補う事が、一番てっとり早い方法だったのですね。

なぜなら、エクオールを直接補う事で、大豆の持つ女性の不調をサポートする力が実感できると考えられているからです。

エクオールの期待できる効果

今やエクオールの研究が進み、様々な研究報告がされています。

日本更年期医学会が、女性108人を対象に2日間の食事調査を行いました。
最終日に24時間蓄積した尿中の、“ダイゼイン”“ゲニステイン”“エクオール”の量を測定した結果、更年期障害の重い人、軽い人ともに、尿中のダイゼインとゲニステインの量は大きな差はなかったが、症状の重い人の尿には、顕著にエクオールの量が少なかったそうです。
また、症状の軽い人の尿にはエクオールが多いという結果になったそうです。

それでは、エクオールの期待される効果をあげてみましょう。

・更年期症状の改善

・骨粗しょう症予防

・メタボ予防

・抗酸化作用

このほかにも、シワの改善などの美容効果も期待されています。このエクオールがサプリで摂れたら、凄く楽だなと思いました。

もちろん、エクオールが作れるタイプの人も、サプリがあれば大豆製品を意識して摂らなくてもいいので、実は大豆製品は苦手で・・・という人にはいいかも知れませんね!

エクオールのサプリで簡単に摂取

調べてみると、エクオールのサプリというのが数社から出ています。その中で、一番売れているのがエクオール研究の専門ドクターとの共同開発で作られたサプリのエクオール+ラクトビオン酸です。

詳細はこちらです⇒【エクオール+ラクトビオン酸】

このサプリは、なんとネットだけで2分に1本売れています。
実感度は93%というのですから、人気のほどが伺えますね。

エクオールを専門に研究されていて、学会賞奨励賞を受賞されたドクターとの共同開発なので、私としては安心感があります。特に気に入ったポイントは、エクオールに加えて、ラクトビオン酸を配合することでエクオールの生産力とカルシウムの吸収を高めていると言う事。

これで効率的に成分が摂れると言う訳ですね!

今ならFOX CM放送記念として割引キャンペーン中です。

>>キャンペーン割引はこちらから【エクオール+ラクトビオン酸】

症状がひどくならないうちに、このような手軽なサプリを試してみるのも良いと思います^^