先日、アンダーバストを締め付けない楽なブラを買いました。
どんなブラなのかは、この記事の下の方に書いています。てっとり早く知りたい方は、こちらにどうぞ!一気に下にスクロールします。

ブラジャーが苦しい

なぜ、私が締め付けないブラを探していたかと言うと、更年期に入ってから色んな所が敏感になったと感じるようになったからです。

今までなんの違和感も感じなかったブラジャーの締め付けが、急に息苦しく感じるようになったのです。

ひどい時は、胸のあたりがギュッと締め付けられて苦しくて、大きな深呼吸をしすぎて、頭がなんだかボーっとしてソファで横になった事もありました。

自分がおかしくなってしまったのかと凄く心配したものです。なぜ、このような事が起こってしまうのでしょうか?

エストロゲンと自律神経

締め付けによる息苦しさは、エストロゲンの減少と自律神経の乱れにやって起こるものだと言う事が分かりました。

ちょっとした事が気になって仕方がなくなるというのは、まさしく自律神経の仕業だったのですね。

ブラジャーの締め付けが気になる以外でも、ちょっとした刺激に肌が反応してしまったり、体温調整もうまくできなくて、汗をかいたり急に身体が冷えたりする事も多くなりました。

272608

このように感じたら、今までのブラジャーや肌着を見直す時期が来たと言う事なのかも知れませんね。

締め付けない楽なブラジャーに代える

ブラジャーをつけて息苦しいと感じるのは、アンダーバストの部分が締め付けられるからですよね。

ブラジャーから解放されたい!でも、職場に行く時などブラジャーなしで過ごすわけにはいかないから、とても困っていました。

そこで、スーパーの下着売り場で販売されているホックなし、ワイヤーなし、通気性が良い2000円弱で買えるブラを使っています。

でも、利点は苦しくなく胸が透けて見えないというだけ。バストアップなんて全く期待できません。胸はダラーンと垂れたままです。

今更、バストを大きく見せたりする気はありませんが、垂れたバストで出かけるのは嫌です。ですので、仕事に行く時やお出かけには、到底つけていけないので、結局は大手メーカーの普通のブラジャーを使っています。

デパートできちんと採寸してもらって正しいサイズを購入したのに、やっぱり長時間つけていると苦しいのですよね・・・

う~ん、どうしましょ。このまま我慢するしかないの?と思っていた矢先に、ネットでこんなニュースを見ました。

売上3倍になった楽なブラジャーって!?


「締め付けない楽なブラジャーが売上3倍」なんと、締め付けないブラジャーというのが若い人にも流行っているらしく、大変売れているそうなんです。

このブラジャーは、ワイヤーや縫い目がないブラジャーで、下着メーカートリンプの「スロギー ZERO FEEL」です。

伸縮性がある素材で作られていて、生地と一緒に延びる特殊な糊を使っている縫い目のないブラジャーです。

縫い目がないので、アウターにもひびきにくく肌に跡もつきにくいそうですが、これならアンダーバストの締め付けからは解放されて、楽になれそうです。

実際に買った人の感想を見てみると、「軽くて付けている事を忘れる」という意見が多かったですが、汗をかいた時などのデメリットもありました。
⇒楽天レビュー スロギーG016 カップ付きハーフトップの感想
動きやすいので介護職の人からも評判が良いとのこと。私もヘルパーのお仕事をしているので、凄く良さそうと思いました。

着心地は楽なのに、胸元もスッキリ見せてくれるという点が、売上3倍の秘密でしょうか。値段も、普段使っているメーカーのブラより安いというのも、買いやすくていいですよね。

追記・・・今、産後骨盤矯正の治療院でパートで働いていて、仕事内容は受付と補助です。

患者さんの肩や腰に電気をあてる時に気付いたのですが、産後のママさんでスロギーを使ってる人が多くてびっくりです。そして、たまに同年代の50歳前後の女性も治療に来られますが、やはりスロギーを着用している人がいました。

更年期世代と産後のママさん世代は、一見、対照的ですが身体の不調を感じるという点では、同じだと言う事なんですね。