ローソンの糖質制限パンシリーズのブランのチョコロールを買ってみました。税込150円です。

ローソンは、低糖質の商品が多く、このブランシリーズは10種類近くあるんです。パン好きとしては嬉しい限り!
ローソン ブランのチョコロール
ブランとは、小麦ふすまの事で、食物繊維が豊富なので普通の小麦粉で作ったパンに比べると、かなり低糖質になります。

こんなに甘くて大丈夫なの?

ローソンのブランのチョコロールは、糖質は13.9gでカロリーは232kcalです。まぁダイエットパンとして食べるには、そこまで低くはありませんが、それでもチョコロールでこの糖質は貴重なのかもしれません。

しかもパン生地はデニッシュ風で美味しいです。ブランの風味もほとんど分かりません。ブランの風味が好きなわけではないので、それもOKです。
ローソンのブランのチョコロール2

中身はこんな感じ。
ローソンのブランのチョコロールを半分に切った所

パッと見た所、チョコレートの量は少なめですが、これが食べてみると満足感があるんです。チョコはクリーム状ではなく板チョコを柔らかくした感じです。

このチョコレートはクーベルチュールチョコを使用しています。

で、クーベルチュールチョコって何?

クーベルチュールチョコとは

クーベルチュールチョコは、カカオが35%以上でカカオバターが31%以上含まれる、カカオバター以外の代用油脂5%までという、厳しい国際規格をクリアした最高級のお菓子の材料です。

普通の板チョコと違って、カカオの香りが楽しめるいわゆる大人のチョコレートといった感じですね。しかも人口甘味料は不使用です。今では人口甘味料は賛否両論なんです。なぜなら、人口甘味料は糖尿病のリスクを高めている可能性があると言う論文がイギリスの科学誌で発表されたからです。

という事は、不使用というのは有難いかもしれない。

食べた感想

デニッシュ風のパン生地に十分甘いチョコレート。これは凄く満足度が高いです。糖質制限中のご褒美パンとして食べるというのも手ですね!

忙しい朝、食パンすら焼く時間がない時に、チョコロールと牛乳で朝食を済ましたとしても、この満足感からお昼まで十分持ちそうです。間違いなく私の中ではホームラン的な糖質制限パンですね。

栄養成分と原材料

栄養成分は、熱量232kcal、タンパク質9.2g、脂質13.7g、糖質13.9g、食物繊維8.0g、ナトリウム211mg

げんざいりょうは、ミックス粉(植物性たん白、大豆粉、おツブラン、難消化デキストリン、米ぬか、ぶどう糖、シトラスファイバー、エリスリトール)、ファットスプレッド、チョコレート、卵、小麦粉、植物油脂、調整豆乳、エリスリトール、パン酵母、砂糖、食塩、発酵風味料、乳等を主要原料とする食品、加工でんぷん、セルロス、糊料(増粘多糖類)、酢酸Na、乳化剤、香料、酸化防止剤(V.E)、カロテノイド色素、(原材料の一部に乳成分、卵、小麦、オレンジ、大豆を含む)

本品に含まれているアレルギー物質(特定原料およびそれに準ずるものを表示)乳・卵・小麦・オレンジ・大豆

とっても美味しかったので、リピ決定です!ローソンの低糖質シリーズは、まだまだあるのでまた買ってレビューしてみますね!