もともと女性は冷え症な人が多いですが、更年期になると更に冷えやすくなるというのをご存知でしょうか?

冷え症改善の秘訣や、手軽にできる方法をお話します。

起きぬけの1杯の白湯

朝、起きたらすぐに、白湯をゆっくり飲みましょう。そうする事で、内臓が温まります。温かい白湯が胃や腸を優しく起こしてくれ、体は活動体制に入る事が出来ます。

白湯を飲む事は、芸能人の間でも流行っているので、なんとなく良いという事はご存じかと思いますが、更に詳しくご紹介しますね。

 

白湯の効果

check-t04体を内側から温めてくれるので血行や代謝が良くなる

check-t04胃腸にたまった末消化物質や毒素を排出するなどデトックス効果がある

check-t04新陳代謝が上がる事で肌のターンオーバーが整い、美白効果が期待できる

以上のように、健康・美容効果が期待できますが、一瞬で良くなると言う事ではないので、コツコツと続ける事が大切です。

飲む方の注意点としては、一気に飲むのではなくゆっくりと時間をかけて飲むのが良いとされています。理想は10分~20分とも言われていますが、それが難しい場合は、ゆっくり飲むと言う事を意識して飲むだけでOKです。

白湯の作り方

①本格的な白湯の作り方は、まずヤカンに水を入れて強火で沸騰させます。

②次に、蓋をとり更に10分間沸かし続けます。

③湯呑に入れ、飲みやすい温度にしてから飲みます。

忙しい人向けの白湯の作り方

①、②の作業に時間が取られて難しいという場合には、マグカップにミネラルウォーターを入れて電子レンジで1分間加熱します。

白湯を飲むという方法は、お金もかかりませんし明日からすぐに実践できるので、おすすめです。

肌着や衣服で工夫する

コットンやシルクなどの天然繊維は、気温や湿度の変化から守ってくれます。

天然繊維は呼吸する繊維と言われています。暑くなったら放湿してくれますし、寒くなったら生地の間に体温をためる効果を持っています。

この機能のおかげで、肌はむれにくく乾燥しにくくなります。

逆に化学繊維は、外気と同調する性質を持っているおで、湿度が高い時期は、生地の中の湿度も上がり、汗を放湿してくれません。よって、汗をかいたまま冷房の中に入れば、体を冷やしてしまうのです。

更年期になれば、おしゃれなものという視点だけじゃなく、天然繊維の素材かどうかで選ぶ事が大切になってくるのですね。

足先を冷やさない

夏になると、素足で過ごす事も多くなりますが、冷えの原因にもなるので、ソックスは履くようにしましょう。

おすすめなのは、5本指ソックスです。私は5本指ソックスって水虫の人が履くものだと思っていましたが、これがなかなか色んな効果があるのだと言う事が分かりました。

足の指は、手の指と違って普段はあまり動かすことなく窮屈にくっついています。しかし、5本指ソックスをはく事で足の指が自由になりやすく、動きやすくなる事で、血の巡りが良くなります。

脳の血流もアップするので、うつ病予防、認知症予防、脳の若返りが期待できます。

しかも、5本指ソックスを履くと、足が臭くなりません。

それはなぜかというと、指と指が重なり合わないので雑菌やバクテリアを発生させにくいからなんです。これはちょっと衝撃の事実でした。

以上、冷え症対策として、簡単にできる方法をお伝えしましたが、天然素材の衣類や5本指ソックスは大型スーパーでも簡単に手に入りますから、ぜひお試しください。

私も、今は5本指ソックスにはまっています(笑)最初は違和感がありましたが、慣れると気持ちいいですよ。もちろん、素材はコットン100%のものを履いています。