ちょっと体調が悪いと訴えれば「更年期障害のせい」だと周りの人たちから、勝手に決め付けられる事ってありませんか?

ある時、夫の親戚の集まりを身体の不調で断った時なんて、「奈々子さんは更年期だからね~」と、言われ「更年期を理由に親戚の集まりに出られなかった」という話が親戚中に、広まったという事があり、ちょっとムカッときました。

50代の不調=更年期障害。それが世間の認識だという事ですよね。そう言われるのが辛いと感じるのは、私自身がしんどい事を訴えるのは“甘え”だと心の底では思っているのではないか?と考え込んでしまいました。

しかしいつもなぜかしんどいという思いがあるのも事実。このしんどい感覚はいつから始まったのか?そしていつまで続くのでしょうか?

更年期の時期

更年期の時期は、閉経をはさんだ前後の10年間です。例えば閉経が50歳だとすると、その5年前の45歳から始まり55歳で終わると言われています。これは、大体日本人女性の平均的な年齢です。

もちろん、個人差があるので必ずしもそうだとは言えませんが、更年期は10年くらい続くもの。そして10年我慢すれば楽になると覚えておくといいかも知れません。

(とはいっても10年という年月はあまりにも長い。この10年間を快適に過ごしたいと思う気持ちは、決してワガママな事ではありませんよね。)

私の周りの60代、70代を見てみると私よりも元気ハツラツな女性が多いから、きっと私も今を乗り切れば楽になるはず!そんな希望を持って生活しています(笑)

閉経前の兆候

閉経前になると、顕著に表れるのが月経不調。ちなみに私の今の生理の周期は数カ月に1回です。今まできっちり1カ月周期だったのが、1年半前から3カ月に1回になり、最近では6カ月後になりました。

このように、生理周期が変動するので、いつ生理になるのかが分からないので、ここ1、2年は出かける時は常に生理用品を持参しています。今の時点では、急に周期が短くなる事はないので、あと○カ月は大丈夫と勝手に思い込んでいますが、それでも生理用品は常備しています。

148796_R

そして周期が長くなるだけじゃなく量も少なくなります。今までは、子宮筋腫もあるので生理の量がかなり多かったのですが、前々回の時はこれで生理が終わるのか?と思えるほど少なかったです。

残念ながら前回は結構な量ががあったので、これは子宮筋腫のせいかも知れないので例外かも知れません。しかし、一般的には量が少なくなると言われています。

また、不正出血がある人もいます。私は今のところは不正出血はした事はありませんが、それだけ個人差があると言う事なんでしょうね。

不正出血は病気の可能性もあるので注意が必要

閉経の兆候として、不正出血が起こる人もいると書きましたが、実は病気が隠れている場合もあります。その病気とは、子宮頸がんや子宮体がんです。ですので、普段から定期的に婦人科検診を受られる事をお勧めします。

Fl4mIHzI4iukKOx1462498964_1462499205

私も毎年、婦人科で検査をしてもらっています。婦人科なら一緒に乳がんの検査もしてくれるので、ついでという訳ではありませんが、毎年一緒に検査してもらってます。私の周りでもたまに、検診を受けていないという友人もいますが、何かあってからでは慌ててしまうので、病気を早めに知る事って大切だと思います。

さて、今回は更年期はいつ終わるのか?という基準として閉経について色々と考えてみましたが、病院で診断してもらう事も可能なんです。次回は、閉経が近付いているのかを知る検査方法の種類などをお話しますね!

閉経を知るための検査や費用