更年期うつは、最近よく耳にしますが、更年期の時期に発症する鬱です。俗称なので医学的なものではありません。

症状は、気分の落ち込みや、やる気が出ない、イライラするという精神的なものや、身体がだるい、しびれるなどの身体的なものもあります。この更年期うつについての情報や、実際に治療が必要な場合は、何科に受診すれば良いのかなどをお話します。

女性に多い鬱

うつ病にかかる割合は、男性よりも女性の方が多くその比率は1:2とも言われています。なぜかという事は医学的に証明されていませんが、女性ホルモンが関係しているかも知れないと言われています。
SK5rV8ajSDsbP3Y1462520397_1462520436
たしかに、女性は毎月、生理があり妊娠や出産、閉経などといった女性ホルモンの変動が激しいです。そして更年期の年代では子供の進学や、親の介護、家族の問題など、環境の変化が激しい時期と重なるので、心と体のバランスを崩しやすいと言えると思います。

うつ病の症状と、エストロゲンの減少による更年期障害の症状とはとても似ているので、更年期うつと呼ばれる事が多いのでしょう。更年期になると、多少誰でも気分の落ち込みやイライラは経験するとは思いますが、その症状が激しい場合は医療の力を借りるのも一つの方法です。

それでは、このような症状にひどく悩まされた時は、何科に受診すれば良いのでしょうか?心療内科?精神科?それとも・・・

更年期うつは何科?

更年期になって、うつ症状が出て治療を望むのでしたら、婦人科での受診をおすすめします。

まずは、婦人科に受診して、ホルモン値検査を受けてみて下さい。そこでホルモンの量が低いのであれば、これらの症状は、ホルモン分泌量の低下によるものと考えられます。

そこでホルモン補充療法を受けて、医師の指導の元で様子を見てみましょう。ただし、すぐには良くならないので身体を適度に動かしたり、リラックスを心がけて過ごす事が大切です。
0hM6_RJJUhOdpXr1462519995
他にも、適度に太陽の光を浴びる、食べ物をよく噛んで、セロトニンを活性化するなどの方法もあります。同じくガムを噛むのも効果的です。ちなみに歯に良いとされているリカルデントガムやキシリトールガムがおススメです。

それでも良くならない場合は、他の科の受診が必要になるかも知れませんが、まずは婦人科受診が正解なんです。

その理由は、更年期障害の症状のうつなのに、精神科での治療を受けてしまうと、エストロゲンの治療とは無関係になり、うつ症状が良くならない事があるからです。

更年期の年代に差し掛かってから、今までにない気分の落ち込みを感じたら、まずは婦人科で相談する事が一番ですね!