更年期にはいってから、だんだん人の名前が思い出せない、物をしまった場所が思い出せないと言う事が増えたと言う人は多いと思います。

私や物忘れがひどくなってきました。会話していても人の名前どころか物の名称や地名まで出てこなくて焦る事もしばしば。

中でも一番やっかいなのは、鍵をかけ忘れたのではないか?ガスは消したのだろうか?など、ふと思い出して不安になる時。あれは本当に困ります。

物忘れはどうして起こるのか?更年期と関係あるのかをお話します。

物忘れはなぜ起こるの?

物忘れが年々増えて行くのは、脳の学習や記憶能力と関係していて、シナプス伝達能力の老化が原因だと言われています。

また女性の場合は、更年期に入ると卵巣ホルモンの減少も脳の働きを低下させる原因となります。

閉経を迎える頃になると、エストロゲンが急に減少するので、更年期の女性は物忘れがひどくなると言う事ですね。

他にも、忙しすぎる毎日を送っていてもストレスがたまる事により、物忘れが起きる事もあると言われています。

しかし、中には病的な物忘れもあるので、その場合は物忘れ外来を設けている病院での受診が必要でしょう。でも、病的かどうかなんてどうやって知る事が出来るのでしょうか?

病的な物忘れかどうかをチェックする方法

50代でも認知症になる人はいるので、誰にでも起こる事ととらえる前に、念のために以下のようなチェックをしてみましょう。

check-t04ヒントをあげても全く思い出せない

check-t04新しい事が覚えられず、同じことを何度も聞いてしまう

check-t04物忘れがひどく日常生活に支障を受ける

check-t04物忘れのひどさを周りの人から指摘された

このような場合は、ただの物忘れじゃない可能性が高いとわれています。要は認知症はそのこと自体を忘れてしまう状態とも言えるので、そうでない場合はまずは心配はいらないと思っても良いでしょう。

物忘れ防止トレーニング

物忘れは、思い出す為のトレーニングで軽減すると言われています。

例えば、寝る前に今日の出来事を思い出してみたり、どんな人と会ったかなどや、昨日食べた夕食のメニューを思い出すくせをつけるのが良いそうです。

私が夫と一緒にやっているトレーニングは、知っているはずのタレントの名前が急に出てこなくなった時は、どうでもいいわと流さずに思い出すまで、記憶をたどるという方法です。

思い出し方は、ある俳優さんの名前をド忘れした時に、どんなドラマに出ていたか?共演者は誰だったか?というヒントを自問自答しながら、それでも思い出せなかったら、ドラマ名をネットで検索してみます。

その時点で俳優の名前がパッと浮かぶ事もあれば、浮かばない時はドラマ名からウィキペディアなどで答えを知ります(笑)

結局はカンニングですが、その記憶をたどって思い出そうとしている事自体が脳に良いと言われているので、これで良しとしています。

忘れては困る事はメモをとろう

私の物忘れの工夫は、どんな事でもメモをとることです。仕事中はメモ帳に、家では冷蔵庫に貼っているマグネット式のホワイトボード(100均で売ってるもの)にすかさず書き込みます。

特に、買わなければいけないものを書く事が多いですね。そして用が済んだらサッと拭くだけ。これ、本当に便利ですよ。

消し忘れや鍵のかけ忘れ回避術

ちょっと老人みたいですが、仕事に行く前にはガスや電気、窓の閉め忘れがないように指さし確認をしています。

また、鍵を閉めた時にドアノブを引っ張って「ちゃんと鍵がしまってるよ」と、腕に覚えさせます。鍵を閉めてドアノブ引いてガチャン。これで鍵を閉めましたと体に合図を送るのです。

これで私は、出かけている最中に鍵をかけたかどうかという事でヒヤッとする事はなくなりました。

テレビで見た情報では、利き手と反対の手で鍵を閉めるのも印象が深くなるので良いとの事です。例えば利き手が右なら左手で鍵をかけるのです。これも良い印象付けとなって忘れにくい方法ですよね。

脳の若返り栄養素を摂ろう

記憶や学習能力を維持するために重要な働きをするのは、DHAやEPAという必須脂肪酸です。これらは動脈硬化予防にもなるので積極的に摂りたい栄養素でしょう。

これらは、サバやイワシ、秋刀魚などの青魚に多く含まれています。青魚が苦手な人は、サプリメントで補強するという方法もあります。

以上、物忘れ対策をあれこれ書いてみましたが、いかがだったでしょうか?

もしあなたが物忘れについてお悩みでしたら、ぜひ自分に合った物忘れ対策をぜひ見つけてみて下さいね。