女性にとっては日焼け止めは必須ですよね。私もノーメイクの日でも日焼け止めだけは必ずしていました。今、肌断食について調べているのですが、日焼け止めには肌に悪いものがいっぱい入っているので止めた方がいいと書かれています。

でも、自分の中でなかなか納得いかなくて躊躇してたんです。日焼け止めがいけないのなら、どうやって紫外線対策をすればいいの?って。

しかし、色々調べているうちに、やっと止める決心がつきました。今回は納得せざるを得なかった日焼け止めの危険性の話と、UVケア商品を使わずに紫外線対策する方法をお話します。

なぜUVカットケア商品は危険なの?

日焼け止めや化粧下地、乳液などには、たくさんの界面活性剤が入っています。ここまではなんとなく知っていました。

そしてそのため、肌のバリアを壊し、肌を乾燥させてしまうのですよね。

また、紫外線吸収剤という紫外線を防ぐ成分が配合されたものは、紫外線を吸収しながら化学変化を起こして放散するので、かなり肌に負担をかける事に。

肌に入った界面活性剤は、皮脂膜や角質層をくぐりぬけて体内に侵入します。やがて血液にも侵入し全身に広がっていくのです。

そして怖い事に、今の時代、美白するのは当たり前になってきて、乳液やクリーム、ファンデーションにまで日焼け止めが配合されています。

と言う事は、知らず知らずに何重も日焼け止めを塗っている事になっているという事なんです。その結果、界面活性剤の影響も倍増してしまいます。そしてお肌に悪いものが蓄積されていく・・・という感じなんですよね。

今まで日焼け止めや下地を止めるなってあり得ない!と思っていたけれど、これを知ってやっぱり界面活性剤を多くつかわれるものを使うのは、止めようと思いました。だから私の肌はシワが多いのかと。

止めると決心したのはいいけれど、でも日焼け予防をどうしよう?この踏ん切りがつかなくて今まで迷っていたのですが、その迷いを払しょくする情報を知りました。それは、UVケアをしなくても酷いシミにならない方法といってもいいくらい、私には納得できました。

ターンオーバーを整えると結果的に日焼け・シミ対策になる

UVケアをしなくても、美白になれる秘訣は、肌力をあげることです。

肌力をあげる事、すなわち肌に余計なものをのせずに、肌を鍛える事で肌本来の力を取り戻す方法です。

肌断食の話は、このブログで何度かしていますが、肌本来の力を取り戻す事で、ターンオーバーが整います。その結果、日焼けでできたシミも薄くなっていくという仕組みです。

こんな方法、ホントにうまくいくの?と半信半疑ですが、実際に綺麗なすっぴんの50代の人もいますから、信じてみようと思います。

パウダーを塗って日焼け予防

しかし、全くのスッピンで過ごすと言う事は難しいので、界面活性剤フリーのパウダーファンデーションを付ける事で日焼け予防になるそうです。知らなかったのですが、パウダーファンデーションは大抵は酸化チタンなどが含まれているので紫外線を跳ね返してくれる、日焼け予防やシミ予防に強い味方なのです。

ですので、紫外線対策は界面活性剤無添加のパウダーファンデーションをこまめに塗れば良いという事が分かったんです。

187497_R

さて、ここからは、私が行うプチ肌断食の話です。

界面活性剤を全く使わないのは不可能に近い

界面活性剤を完璧に止めるとなれば、徹底した肌断食が良いというのは分かっているのですが、社会生活をしている以上は考えているよりも難しいものです。

例えば、体を洗う石鹸や、食器洗剤、家庭用洗剤にも界面活性剤は含まれています。もちろん、シャンプーやトリートメントなど、これがないと暮らしていけないくらい日常用品に界面活性剤は含まれているのです。

そこで私は、界面活性剤を避ける事は不可能に近い。でも出来るだけ減らしてお肌への負担を減らす事にフォーカスする事にしました。それがプチ肌断食なんです。

ちなみに、界面活性剤には、合成界面活性剤と天然界面活性剤があり、天然界面活性剤の方が比較的安全性は高いと言われています。

天然界面活性剤は、卵黄に含まれる卵黄レシチンに含まれています。例えば、マヨネーズを作る時に相性が悪いはずの酢と油がきれいに混ざっているのは、卵黄レシチンに含まれる天然界面活性剤が含まれているので乳化剤の役割を果たしています。

さて、プチ肌断食の話に戻りますが、社会生活をしている人でも実践しやすい方法を模索した所、いきついたのがあきゅらいずの化粧品を使う事でした。

あきゅらいず美養品『お試し詰合せ』1,380円(税込)

実は、今日お試しセットが届きました。2~3日使った後に感想を書いてみたいと思います。追記⇒あきゅらいずのお試しを使った感想はこちら